採用特設サイトお電話でのお問い合わせ 0256-97-4651
電話メールメニュー

鏡面加工

オリジナル研磨鏡面加工

バレル研磨でも鏡面仕上げを実現します。バフ研磨に勝るとも劣らない鏡面レベルを日々追い求めています。

鏡面加工が可能な材質

  • ステンレス
  • チタン
  • アルミ
  • 真鍮

以上の金属でバレル研磨での鏡面加工の実績があります。この他の素材での加工をご希望の方は、まず、ご相談ください。

まかせて!!

お問い合わせフォーム

バレル研磨での鏡面加工のメリット・特徴

バレル研磨にて鏡面仕上げを行った場合、以下のようなメリットがあります。

  • ワークごとに仕上がりの差が少ない(ムラが少ない)
  • 僅かな研削量のため寸法誤差も生じづらい
  • 小さいサイズ、複雑な形状でも対応できる
  • 大ロット、量産対応ができる
  • 形状や場合により加工賃が安い(他工法の表面処理と比べて)

バレル研磨での鏡面仕上げが向いていないケース

バレル研磨での鏡面仕上げがバフ研磨や電解研磨による鏡面仕上げを代用できるかというと、そうでない場合があります。以下がそのケースです。

  • サイズが大き過ぎる場合
  • 面粗度を最小限に、とにかくツルツルにしたい場合
  • ロットが少ない場合
  • 部分的な凹凸が大きく、その面も平滑にする場合

中間工程にバレル研磨の鏡面加工を取り入れコストダウン

コストダウンのイメージ

バレル研磨での鏡面仕上げがバフ研磨や電解研磨による鏡面仕上げを代用できるかというと、そうでない場合があります。以下がそのケースです。

例えば、仕上がりの美しさを重視して最終工程としてバフ研磨での鏡面加工をする場合でも、最初から最後まで全てバフ研磨で行うよりも、バレル研磨での鏡面仕上げを行ったのち、バフ研磨を行った方がコストダウンできる場合もございます(素材、形状等の条件により異なります)。

バフ、電解研磨、バレルを組み合わせ、トータルでの鏡面仕上げの提案も可能

当社では、日本の金属加工の一大生産地の一つでもある【燕三条地域】の協力業者様と連携し、

  • バレル研磨の鏡面仕上げで下地処理後  バフで最終仕上げ
  • バレル研磨の鏡面仕上げで下地処理後  電解研磨で最終仕上げ

といった形で、お客様のニーズにあわせて、柔軟で最適なご提案ができます。
ぜひ、鏡面仕上げのご相談は、当社におまかせください!

処理例
製品紹介
  • 栓抜き(鏡面仕上げ)

    燕三条ものづくりメッセに展示した栓抜きです。

    撮影者の手元が写り込むくらいの鏡面仕上げになりました。

    バレル研磨でもこのクオリティの鏡面処理ができます。

  • チタンの研磨も可能です。

    材質:チタン

    板厚:t=0.6

     

    面粗度:

    処理前 Ra 0.363μm Rz 1.442μm
    処理後 Ra 0.026μm Rz 0.156μm

研磨ソリューション

SOLUTION

金属製品の表面処理の問題を東商技研工業が解決します。

製品形状・素材・寸法公差・個数・イメージ・外観など...困ってしまう前に東商技研工業にご相談ください。

バリ取り

バリ取りならバレル研磨。量産品を安定した仕上がりでご提供できます。素材・形状・数量関わらずご相談ください。

面取り/R付け

100分の1mm単位でのR付けも可能。精密な製品からどんなサイズの製品も加工実績あります。拡大鏡も完備しております。

スケール除去

熱処理や窒化処理で付いた焼け色(スケール)を除去します。鋼板・真鍮等どんな素材もお任せください。

光沢加工

バフ研磨では磨きづらい形状も、バレルなら大半を光沢に仕上げます。量産・コスト見直しでもお考えください。

面粗度向上

求められる面粗度が出せなくてお悩みの方、バレル研磨で公差内寸法を狙いましょう。Ra0.02~対応いたします。

鏡面加工

鉄・ステンレス・銅・チタン・アルミ・真鍮等の金属でバレル研磨での鏡面加工の実績があります。まず、ご相談ください。

グレア加工

外観仕上げにバレル研磨。風合いのある模様や、無造作で煌びやかな表情も。クリエイティブな提案にグレア加工をご検討ください。

ワンウォッシュ加工

研磨独特の研磨模様によるマットなトーンはさまざまなジャンルで新しい提案の要素として活躍できる可能性を抱かせます。

極薄形状のワークのバレル研磨

極薄ワークでも変形させずにバレル研磨可能(ローコスト・大ロットに対応)です。

ページの先頭へ移動